ブログ
2011.11.02

大興奮一日目

二年前に定年退職され、地元秋田に戻られた
ヒロッシーニの大常連であり私の経営だけでなく人生においても尊敬し
勝手ながら第二の父と思いを寄せる伊藤賢一さんより見事な秋鮭が先程届きました。
色、つや、身の締まり
本当にすばらしい秋鮭でスタッフみんな大興奮です。(この時点では銀色に輝くすばらしい鮭にです)

5㎏近い鮭のふくれあがったお腹を開けるとオレンジ色に輝く筋子があふれ出し完全にスタッフの興奮はピークに(もう彼らの頭の中は「いくら丼!いくら丼!」と連呼され、完全に違う意味で興奮状態)

網を通し筋をはずしたいくらは、一粒一粒がしっかりとしていました。
今日はこのいくらをゆずの香りを効かせ漬けて帰ろうと思います。
とにかくスタッフみんな大興奮ではしゃぎすぎです。
ディナーオープン直前だったので簡単なブログとなります。
明日の賄いの鮭といくらの直系親子丼が楽しみです。            シェフ

                


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone