ブログ
2012.04.18

北八ヶ岳産鹿肉のラグーソース

 八千穂大石の島崎さんより 雄の仔鹿が届きました。
ヒロッシーニは鹿が入荷すると全部ミンチにし
パスタのソースにします。

今更ですが、ヒロッシーニのランチは1000円のパスタランチと
前菜・デザートが付く1500円のフェリーチェランチの2つのみです。
本日のパスタ3種類を用意し、その中から一つを選んでいただいています。
ランチの客単価はだいたい1200円くらいで
お客様の9割近くが女性です。
その4割近くの方が、日によってですが
鹿肉のミートソースを選んでくれます。
2年くらい前にこのパスタを始めた時は
一つも出ないんじゃないかと思ったくらいで・・・

長野県はこの鹿による農林業被害が4億円を超えるといわれ
深刻な問題になっており、重ねてこの駆除された鹿を
食肉として有効利用するため体制整備が当面の課題のようです。

ヒロッシーニとしては女性に毛嫌いされがちな鹿肉を
パスタでどんどん召し上がってもらう。
ジビエ料理の苦手な私の有効利用の仕方です。     シェフ

そんなジビエが苦手な私ですが、昨日の休憩時間に
中軽井沢の狸穴庵さんに晩酌用、お肉のテリーヌを買いに行って来ました。
とても美味しかったです。


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone