ブログ
2012.05.09

花ももまつり

  G.W 最終日 5月6日(日)
佐久穂町大石地区で行われた 第2回花ももまつりに
ヒロッシーニとして出店参加してきました。
 大石地区は旧八千穂村と茅野市を結ぶ麦草峠
国道299号線沿いにあり、八千穂高原スキー場や
白駒の池・駒出池キャンプ場など、観光地の入り口に
位置する地区にあります。
横には八ヶ岳の清流大石川も流れ、その清流で育った
佐々木信幸さんの信州サーモンをヒロッシーニでは使っています。

今回2回目の参加となりますが、もともとはヒロッシーニで使う
鹿や猪を提供してくださっている猟師:島崎和友さんが
この大石地区の方で 昨年 「お祭りに遊びに来て」 の誘いから始まった話。
せっかくなのでその鹿肉と地元の味噌を使って
ラグーソースを作り(ベースはトマトソースです)
パスタには米粉のショートパスタを使い出店販売させてもらうことになりました。

5月5日(土)前日の天気予報では “午後から雨が降るところも” でしたが
当日スタッフみんなで現地に着いた8時半頃には大雨に強風、時々雷!
ほんの時折晴れ間が顔を出すそんな天気で・・・

主催者側も私たち出店者側も、この天気では
お客様はきびしいなあと当然思っていました。
がっ、雨の中 沢山のお客様が見えました。
私たちのお店で買い物をされた60代の女性のお客様に
「雨の中 わざわざありがとうございました」とあいさつすると
元気な声で 「何言ってんの~雨だから来たのよ。
やる側も雨だけはどうしようもできないからねっ
私も何度かこういう経験があるけど
雨でお客さんが来てくれないのはやってる側は一番切ないからね」と
家族みんなを連れて来てくださっていました。

明らかに家を出る時から雨だったと思うのに来てくださった沢山の方々や
足もとの悪さなどあまり気にせず楽しそうに笑って
「ご苦労様」 っと声をかけ、沢山お土産を買って帰ってくださる。

全国的なイベントでもなく、町内主催のお祭りでもなく
小さな地区の小さなお祭りですが、こんな雨の中でも沢山の方が足を運んで下さる
大きなお祭りに参加してきました。 

最後に関係者の方々、前日の用意から後片づけまでご苦労さまでした。
満開の花もも とてもきれいでした。                         シェフ


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone