ブログ
2012.10.12

野田佳彦さんが出てくると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前々回のきのこのブログの翌日
佐久穂の野性のきのこ
放射性セシウム基準値は下回る
「食べても問題はない」と新聞に書かれていました
だからではないのですが
それから一週間
ランチ・ディナー共に提供し続けています
昨日の食品衛生責任者講習会でも 放射性セシウムの話しもでましたが
人体への影響の度合いは危険というより ほとんど安全に近いが・・・
相変わらずの資料通りの説明で
放射性セシウム基準値を含む牛肉だったら 年間800㎏食べると危険・・・
含んでなくても それだけ食べたら別の意味で危険なはず

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今朝の新聞
政府の原子力災害対策本部(本部長 野田佳彦首相)は11日
佐久市で採取された野性きのこから
基準値を超える放射性セシウムが検出されたため
出荷制限をし、対象地域は北佐久郡軽井沢町と御代田町、佐久市
南佐久郡小海町、南牧村の5市町村となった

地元に住む人にはわかると思いますが
141号線を南牧村から北へ向かうと
小海町~佐久穂町~佐久市~御代田~軽井沢となり
結果、佐久穂町をジャンプした?

常連の某有名大学病院(東京)の先生のお客様も
先日、りこぼうのパスタを食べながら、このことで命のことを気にされるより
日頃の車の運転を気を付けることの方が・・・
と、おっしゃってました。

ポストハーベストの外国産小麦、中国の輸入野菜や食材
黄砂、大気汚染、添加物ばかりのインスタント食品、農薬だらけの野菜、
水、言い出したらきりがないのですが・・・

ヒロッシーニの賄いは今日もりこぼうのパスタでした。
                                       シェフ


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone