ブログ
2012.11.23

遺品

7年前の今頃、頭の中は早く独立して自分のお店を持つこと
そのことばかりで毎日物件探しをしていました。
佐久平周辺も今ほど、個人経営の食べもの屋さんも
少なく、その上2階での飲食業はなかったような気がします。
僕が選んだのは、イオンさんと佐久平駅の間、下には日本旅行やブテッィク、2階には美容院やアウトドアのお洒落なお店。
2階しか空いてないけど、佐久平のど真ん中
「2階でもここならやっていける!」と思い決めました。

1年が過ぎ・・・3年が過ぎ・・・
5年目くらいからお客様の層が変わってきました。
60代、70代の方がランチを半分以上占めるお店になってきました。
腰を曲げてあの階段を、杖をついて、誰かに担ってもらってあの階段を。
お年寄りには、そこまでさせて入店させる。ひどい店です。

5分以上かけてあの階段を上がる常連でもあり、
私の料理にいつも優しく、時には厳しく育ててくれた方が先日亡くなりました。
毎日「ヒロッシーニに行きたい」と言っておられたそうです。
結局彼女との最後は6月
「今度はリゾット大盛りよ」が最後の言葉でした・・・。

正直、地に足を着いた一階でお店をしたいと毎日思っていますが、なかなかできず。
借り入れの返済、これからの借り入れなど厳しい現実話があって・・・。
でも、まじめに考えていきたいと思っています。

写真は、彼女が育てた天才陶芸家キムホノさんのお皿です。
彼女の遺品として頂きました。
これから大切に使っていきます。              シェフ


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone