ブログ
2012.12.10

改めて感謝

よくドラマや美味しんぼに出てくる寿司屋でのワンシーン・・・。
ちょっと馴染みになった客が知り合いや部下、女性を連れてお寿司やさんに。

「大将、今日もいいとこ握ってくれよ!」と言うと
寿司屋の大将は
「ばか野郎、うちのはいつも最高なんだよ」
っていうシーン

ここ最近、春に来て下さったお客様、夏頃に来て下さったお客様、先月来て下さったお客様などなど、色々な方からバーニャカウダが「美味しくなった」と言われます。

バーニャカウダは、ご存じの通り、ヒロッシーニの看板メニューであります。

寿司屋話しと少しニュアンスは違うかもしれませんが
バーニャカウダは、正直今が一番美味しいと思います。
春は、冬が終わり野菜が出てきた喜びも含めての美味しさで
力強さは正直あまり感じません。
夏野菜は、瑞々しさはありますが、バーニャカウダとの相性は・・・。

やはり、この季節、霜を何度も受けた冬野菜は美味しいです。
滋味深い味わいの根菜から、朝まで凍っていた、からし菜やルッコラに小松菜の甘さ。
胸を張って今、11月、12月、1月が一番美味しい季節だと思います。

「ばか野郎、うちのバーニャカウダはいつだって美味しい」
とは僕は言いません。
食材の旬には、絶対かないません。
きちんと熟成させた食材にもかないません。

先日、すばらしい白子、牡蠣、鰹、豚肉が入荷し、
お客様に大変喜んで頂きました。

食材あっての料理人です。
そして、食べてあっての料理人です。    シェフ


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone