ブログ
2012.12.12

おにぎり

 僕の40年の人生の中で一番美味しかった、おにぎりは、うちの契約農家、のらくら農場の萩原さんの奥さん、幸代さんが握ってくれたおにぎりです。

幸代さんのおにぎりは、お米は当然自家米の有機無農薬のごはんで、電子ジャーは使わず圧力鍋で炊きあげています。
そして食べる時の時間に合わせて塩加減や握り加減をしています。
彼女のおにぎりを食べた人は必ず言います。
「美味しくて涙がでそう」って
実は昨日、中学の時の同級生と忘年会をしていました。
その時に僕の応援する友人からお弁当の依頼の電話がきました。
こういうことを詳しく書いていいのかわからないので、
ある政党の幹事長の方が召し上がるお弁当の依頼です。
たった一台の注文でしたが例外で受けることにしました。

正直、飲み会の最中も光栄な事なので お弁当の内容をずっと考えていました。
ここはバリッとヒロッシーニらしく、イタリアン弁当でいこうかな・・・?

でも・・・多分その方はこの選挙期間中、日本中を走り回って
移動中の新幹線や車の中、事務所などで毎日毎食、お弁当を食べておられると思いました。
そう思ったら急に幸代さんのおにぎりを食べてもらいたくなり、
酔っぱらった勢いで、夜中にのらくらさんに電話をかけていました。萩原家の方すみません・・・

今朝、幸代さんのおにぎりをもらいに のらくらさんちに伺いこの経緯を話しました。
そしたら幸代さんは涙ぐんで喜んでくれました。
そうしたらお弁当のメニューがどんどん決まって・・・結局、
のらくら農場さんより
 幸代さんの握ったおにぎりとお漬け物
 寒〆野菜のバーニャカウダ
 冬タマネギのキッシュローレンヌパイ
 含め煮大根のフリット
佐々木信幸さんの信州サーモンの自家製スモーク、サラダ仕立て
北八ヶ岳産 熊肉のジャポネソース
濱口さんの自家製からすみ
福味鶏の塩こうじ焼き
野辺山産 寒〆ほうれん草と冬にんじんのマリネ
ハニーココさんの渋栗のタルト
宮原農園さんのりんご
僕の大切な生産者の食材と友人の料理をお弁当に詰めました。   シェフ

Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone