ブログ
2013.01.31

牛すじ煮込み

おかげ様で、2月2日に8年目を迎えることができます。
これも、いつもご来店頂くお客様の支えあってのこととお礼申し上げます。

そして、2月1日より一ヶ月という長い期間、
ヒロッシーニの7周年祭を開くことができるのも、
いつも支えて下さる生産者の方、業者の方々の
お力添えあってのことと、重ねて感謝しております。

この2月1日というのは、ヒロッシーニにとって、
1月1日の元旦や、
4月1日の入学式や入社式のような
一年の始まりの位置づけにしています。
何か新しく始める時や、変える時はこのタイミングで行います。例えば、
1年目を終えたときの店内完全禁煙や、
2年目の木曜日から日曜日に定休日を変えた時、
3年目のお子様の年齢制限を始めた時など、
メニューや営業時間の大幅変更なども、
すべてこの2月1日から新しくスタートしています。

(一年目の店内完全禁煙)
カウンターでワインを飲みながらタバコを吸う愛煙家のお客様が
多かったので、お客様が減ってしまうという不安はありました。
しかし、始めてみるとタバコを嫌いなお客様(特に女性)の方
そして本当に食を楽しんでいる方、食を大切にしている方が
それ以上に増えてきました。理由は単純に
「タバコの吸えないレストラン」
「タバコのにおいを気にせずに食事を楽しめるレストラン」ということでした。

(3年目のお子様の年齢制限)
小さなお店のため、隣のお客様とのトラブルが何件かあり年齢制限を設けました。
完全禁煙にする時よりも、正直悩みました。
小さなお子さまがいる常連のお客様にはだいぶ反対され、
年齢制限を始めてからのネットでの批判の書き込みも多く
「忙しくなってきたから、子供を排除するお店」
「子供のアレルギー教室をしているのに、子供嫌いなオーナー」
など沢山好きなことを書かれました。
ここ数年は、子供をしっかりと預けてゆっくりと食事に来られるお客様
「ガヤガヤ・バタバタしていなくて、落ち着いて食事ができた」とおっしゃる方
小さなお子さまがいる、いないに関係なく、大人の時間を過ごして頂いています。

時間が経ち、完全禁煙もここ数年は当たり前のこととなり
今ではレストランにおいては当然のこととなってきているように思います。
そして年齢制限をきちんとするお店も少しずつ増えてきている気がします。

そんな中、今年は、「イタリア食堂ヒロッシーニ」のイタリア食堂の冠を外し、
店名を「ヒロッシーニ」のみとさせて頂きます。
ブログやFacebookで何度か書かせていただいていますが
単純にもう少し柔軟に、そしてもう少し自由に料理を作りたくなりました。

これも「こだわりのないお店になる」
「ただの創作料理のお店になるんだ」という声も多く
「イタリアン居酒屋になるの?」というお客様もいらっしゃいますが
既存のメニューは残しつつ、ゆっくりとやっていきたいと思います。
大きなリニューアルではありません。
過度な期待をせずにご来店下さい。

ちなみに、今日はネギや生姜、しょうゆを使って牛すじを煮込んでいます。
赤ワインにとても合う日本人の好きな料理の一つだと思って仕込んでいます。 シェフ


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone