ブログ
2013.08.09

日本の夏

昨年好評だったイベント『浴衣でヒロッシーニ』
今年は昨日、8月8日に予定していましたが、
残念ながらお店の都合で流れてしまいました・・・。
それでも、そんな中お二人のお客様が浴衣姿でご来店して下さいました。

蒸し暑かった昨晩は、スプマンテをいつも以上にキンキンに冷やし、
畑のビーツで冷たいスープを仕込み、能登の魚介とフレッシュトマトで冷製パスタをご用意し、
“真夏モード”全開でお客様をお待ちしていました。

しかし、この涼しげな浴衣姿には敵いませんでした・・・。
他のお客様方も目を奪われ、どこか羨ましそうにも見えました。

日本の夏といえば、花火にスイカ、海水浴にひまわり、そして僕の中ではやっぱり浴衣。
暑い日は続きますが、『日本の夏』日本人に生まれて良かったなあと思える瞬間でした。
僕らの商売は、当然お腹いっぱい食べてもらうことですが、
お客様にゆっくりくつろいでいただいたり、元気を与えたり、時には癒したり、
そんな仕事ですが、昨日はすっかりこちらがいい気分で癒されました。
本当にありがとうございました!
重ねて、写真協力もありがとうございました。

お祭りの時だけでなく、「浴衣を着てヒロッシーニで食事しようよ」と言われる
そんなお店作りに努めていきたいと思いました。

ちなみに、僕ら三人も浴衣を買いました!
まだまだ暑い日が続きます。せっかくですから皆さんも浴衣を着てみては!?
                                     シェフ


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone