ブログ
2017.09.07

『通知表…』


お店が静かなのは
時期的なものでも立地でもなく
そのお店に対するお客様の評価
子供の頃もらっていた通知表だと思って
僕はいつも仕事をしています

日々お客様から頂く
お褒めの言葉も嬉しい言葉も
そして耳の痛い言葉も評価であり
毎日のご来店されるお客様の数が
何より一番の僕に対する評価で
これが通知表だと思っています

だから、自分自身で苦手なことを
見つけ克服していかない限り
お店経営の通知表(集客数)は
よくならないのです。

昨日(厳密には一昨日)
ここ最近の静かな状態
(ヒマな夜のお店)に耐えられず
弱気な発言の投稿をしてしまいました…

だからといって
「ヒマだからお店に来てください!」
とあえて騒いで
お客様に来てもらう
炎上商法的な気持ちは一切ありません

僕はうれしいことがあれば投稿します
大変失礼なことへのお詫びの投稿もします
めずらしい食材が入荷した時や
新メニューが完成した時
おすすめの料理なども投稿しています
スタッフとの日常や休日の話しも…
そして今回のような
経営者として弱い自分を書くことも…

投稿を見てなのか
昨日はランチやディナー
来週の予約など色々な予約の電話が鳴りました
そして投稿にコメントをくださった方が
お母さんとご一緒に夕飯を食べに
わざわざ来てくださいました。
昨日鳴った予約の電話は
たぶんFacebookを見た方だけの
予約ではありませんでしたが
それでもなんとなく何かが変わりました

ただ弱気な投稿だからといって
お客様はどんどん来てはくれません
そんなものではありません…

美味しそうな投稿を見て来てくださる
お客様もたくさんいます
めずらしい食材やお得な特典の投稿でも
来てくださるお客様はいます
どんな投稿でも気になって来てくださる
お客様はいるのです
それ以上のヒロッシーニのお客様の
6割以上はネットをしていないお客様ばかりです

僕はいつも強がっているように
見られていますが
とても弱い人間です
だから、他の経営者のようにグッと
辛抱ができずに
すぐに弱音を吐きます
ウジウジしてるようですが
僕は文章にして本音を書くと
おもいっきり小さい自分に気づき
気持ちが落ち着きます
迷惑な話しですが…
少なからず成長させてもらえます

それでも
みなさんを振り回していることには
きちんと反省もしています

そういうことも含めての
通知表での評価であり
そういうことも含めての自分であり
ヒロッシーニのスタイル
そうありたい気持ちはあります

これからも弱音を吐くと思いますが
それ以上に美味しい話、嬉しい話
楽しい投稿をしていきたいと思います。
ご心配をおかけしましたが
これからもよろしくお願い致します


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone