ブログ
2011.06.29

昭三さん

毎朝、佐久穂町の直売所に寄ってからお店に行きます。

直売所には、町内の農家の人たちが集まり、朝採りの野菜を始め、
天然の山菜や、旬のフルーツ、生花や野菜の苗、加工産物、秋には天然きのこなどが沢山並びます。
今日も、その直売所で沢山のアスパラガスを買ってきました。
そのアスパラガスをもう何年もお願いしているのが今年82歳になる小林昭三さんというおじいちゃんです(写真)。

昭三さんの作るアスパラガスはとにかく美味しい。太くて、長くてホント美味しいです。
他にも、色々な野菜や花も作っていますが、本当に上手な方です。
その昭三さんと毎朝色んな話しをしてきます。

今日は、カリカリの小梅漬けの上手な漬け方、
その前は、わらびのあくぬきや、塩漬けの話、
味噌や天ぷら、高山植物の話に、役場の人の話など。
毎朝、色んな話をしてきます。
田舎にずっと住んでいても全然知らない事ばかりなので、
色んな事を知っている物知りの昭三さんは、
僕の知恵袋のような人です。いつまでも元気でいてほしいと思います。

ちなみに、ヒロッシーニで、5~6月の誕生日のお客様には、バラの花をお店からプレゼントしています。そのバラが昭三さんの作っているバラです。
                                              シェフ
そうそう、今日の賄いは昭三さんのニラで、ニラたまスパゲティを作りました。


Condivisione felice...Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone