ブログ
2011.11.02

大興奮一日目

二年前に定年退職され、地元秋田に戻られた
ヒロッシーニの大常連であり私の経営だけでなく人生においても尊敬し
勝手ながら第二の父と思いを寄せる伊藤賢一さんより見事な秋鮭が先程届きました。
色、つや、身の締まり
本当にすばらしい秋鮭でスタッフみんな大興奮です。(この時点では銀色に輝くすばらしい鮭にです)

5㎏近い鮭のふくれあがったお腹を開けるとオレンジ色に輝く筋子があふれ出し完全にスタッフの興奮はピークに(もう彼らの頭の中は「いくら丼!いくら丼!」と連呼され、完全に違う意味で興奮状態)

網を通し筋をはずしたいくらは、一粒一粒がしっかりとしていました。
今日はこのいくらをゆずの香りを効かせ漬けて帰ろうと思います。
とにかくスタッフみんな大興奮ではしゃぎすぎです。
ディナーオープン直前だったので簡単なブログとなります。
明日の賄いの鮭といくらの直系親子丼が楽しみです。            シェフ

                

2011.11.01

フルーツ狩り

この季節 毎年お世話になっている方へのお礼に
宮原農園のフルーツを送らせていただいてます。

日曜日 その注文に上田市の宮原農園へ行って来ました。
私が上田のレストランに勤めていた頃から お付き合いさせて
いただいているので もう10年以上になります。

この日も収穫期の忙しい中にもかかわらず、時間を割いてくださり
農園を案内してくださいました。ブドウに洋なし・りんごなど
色々なフルーツの話をしながら、そしてそのフルーツすべてを食べながら
すべてといっても ブドウだけでも10種類以上
洋なしもラ・フランスに始まりバラード・コミス・ハイランドにカリフォルニア
マルゲリットマリーラなど
初めて宮原農園に行ったとき、数種類の異なる品種の洋なしたちが
一本の樹に接ぎ木され、実っている光景を見たときは衝撃的でした。
写真のりんごは群馬名月という品種でちょうど収穫を迎えるところでした。

私はこの宮原さんの作るフルーツが大好きです。
それ以上にこのご夫妻(もう70才近い方です)がとても大好きです。
最近はやはり身体が心配です。無理なさらずといっても無理される方ですが
お体大事にしていただきたいと思います。
今回も沢山のフルーツをありがとうございました。

今日からオーロラという洋なしを使って 洋なしの薄焼きタルトを
デザートにお出ししています。
あつあつのタルトにできたての豆乳のジェラートをのせて・・・     シェフ

次の記事