ブログ
2012.08.13

こだわらない


  昨日、久しぶりにのらくら農場の萩原さんの所に
野菜をもらいに行ってきました。
 テレビ番組に出てくるシェフたちのように毎朝
畑へ行って今日使う分の野菜を採っているわけではありません。
意外とお客さまにそう思われているようなのでブログで書きます。
のらくらさんの野菜は週に2、3度注文を出してアダッチーニがもらいに行くか萩原さんに配達してもらうか、そんな感じです。
他にもあります。ヒロッシーニで使っている野菜は100%のらくらさんの野菜ではありません。
うちの畑で採れたズッキーニやきゅうりを使うことも、
父の友人から頂いた野辺山産レタスやキャベツ、ブロッコリーを
使うことも、近所のおじいちゃんに頂いたじゃがいもやにんじんを
使うこともあります。
100%のらくらさんの野菜だけで料理を作ったら絶対美味しいとは思っていますが・・・
そこにはそんなにこだわってはいません。

先日、はあちゃんち(実家)に野菜をもらいに行きました。
真夏の田舎らしい、曲がったきゅうりやなす、かぼちゃにじゃがいも
トマトにピーマンなど、すごい量の夏野菜が台所に転がっていました。
(コロコロ転がってはいませんが・・・)

そこに、近所のおじさんが沢山のきゅうりとなすを持ってきました。
現時点でとんでもない量の野菜があるのに
ばあちゃんは迷惑そうな顔一つせず、
「こんなに悪いんに」と言って、奥座敷から 「孫に食べさせな」と
ゼリーの詰め合わせを渡してました。
おじさんも 「そんなのいいだよ」と言って、お互い「いいに、いいに」
「いいだよ、いいだよ」と繰り返してました。

「こんなに野菜があるのにもらってどうすんだよ」って昔はよく思ってました。
必要のない野菜をもらって 「ありがとう」 と言ってお礼に何か渡す。
決して合理的ではありません。
でもそんな田舎らしいところが僕は大好きです。
人生という長いスパンでみたらとても合理的なのかもしれません。
だから、のらくらさんの野菜だけを使うことがこだわりには感じていません。

先日、この夏の映画 「おおかみこどもの雨と雪」 を観てきました。
主人公の花が沢山採れたじゃがいもをご近所にお裾分けする。
全然じゃがいもが採れなかった近所の人はお礼にお米や大根をあげる。
ご近所同士が助け合って生きている。
そのシーンが心に残りました。              シェフ

2012.08.06

月1(ツキイチ)コラボ(その3)

                                                                                 
                                                                                
                                                                               
                                                                              
                                                                              
                                                                               
                                                                               
                                                                               
                                                                               
                                                                             僕の中での大きな企画、
前々回からのブログの続きです。
オープンから7年。たくさんの方と出会って、
お付き合いさせていただいています。
のらくら農場の萩原さんのような生産者の方はもちろん、本当にいろんな職種の方々と。

のらくら農場の萩原さんとは今までに何度か
萩原さんの作った むのうやく・むかがくひりょうの野菜を使って、野菜づくしのフルコース「のらくら野菜の会」を行っています。萩原さんの楽しいトークと料理、そしてたっぷりのワイン。
いつも楽しい会になっています。

そんな楽しい会を月に一度行えればいいなっと思いました。
例えば、八千穂漁業の佐々木信幸さんの
信州サーモンを使った料理とトーク。
佐久穂大石の猟師 島崎和友さんの獲った鹿や猪を
食べながら島崎さんの大自然の深い山ばなし。
ごはんやハレノヒの花里亜希さんと自然食やアレルギー食の会。
よく仕事帰りに寄らせてもらっている海鮮ぽんじろうのオーナー、伊藤さんとの
海鮮和食(刺し、焼き物、揚げ物)とイタリア料理とのコラボ。
たなべ診療所の田邊先生と医食同源のお話しとその食事会。
新規就農者の農家の方々との・・・・・   などなど。

書き出すとまだまだ沢山ありますが
こんな企画を毎月1回(無理しない程度に)
「月いちコラボ」として生産者の方や、そこに携わる関係者の方たちと
料理やトークを楽しみながら、関係を深めていきたいと思いました。
それによって自分自身の料理の向上や世界観も広がれば、
もっと日々のお客様に直結したサービスができそうな、そんな気がしました。

その第1回が先日の石川シェフとの
イタリアワインの試飲会でした。
おかげで、ワインリストの内容や価格、売り方など色々な面で見直すことができたと思います。
「月1コラボ」 どうぞよろしくお願いします。
                                                      シェフ       

ちなみに写真は、紫の花がとてもきれいな
今朝、たくさん採れたパープルいんげんです。

2012.08.03

月1(ツキイチ)コラボ (その2) 

 

一日遅れとなりましたが、一昨日の試飲会
みなさん遅くまで本当にお疲れさまでした。
とても楽しい会だったと思います。
結局、最後は予定通りの飲み会状態になってしまったのですが・・・
それはそれで良かったと思います。

今回、用意されたワインは本当にどれも美味しく
これをセレクトしてきた酒屋さんはさすがです。
ピエモンテからトスカーナ・シチリアまで北から南、地方もはっきりと違い
ブドウの品種もイタリア固有の地ブドウ。
そして何よりモンキエロ・カルボーネやサンジェルヴァジオ、シリオなどの
今ではイタリアトップワイナリーにまで登りつめた
まだまだ歴史の浅い新星ワイナリーがこの夏に
リリースしたばかりのワインを中心に・・・ありがとうございました。
そんなすばらしいワインばかりを試飲して
ワイン好きが集まれば最後は楽しい飲み会になるはずです。
(集まった方たちの人柄も大きいのですが・・・)

そして女性の参加者も多かったおかげで
私も含め石川シェフや酒屋さんなど
女性の方のワインに対する考え方や現実的な意見、本音トークを
沢山聞けたことは大変大きな収穫となり
今後に生かしていければと思いました。
こちらもありがとうございました。

本当にみなさん遅くまでご苦労さまでした。
そして石川シェフ、今回は色々とありがとうございました。
今度は料理で何かコラボできればと思っています。    シェフ

ちなみに私はやはり有機栽培ブドウを使った自然派ワイン
サンジェルヴァジオが好きですねぇ~
長くなってしまったので月1コラボの詳しい話は次回のブログで。

2012.08.01

月1(ツキイチ)コラボ (その1)

 

あっ!そうだ!
っと突然思いつく時って誰でもあると思います。
先月、そんな突然思いついた
僕の中の大きな企画その第1弾を今晩します。

日頃、仲良くさせていただいている
南イタリア料理店civita (チヴィタ)
そこのオーナーシェフ石川さんと
春に長野で行われたワインのインポーター モトックスさんの
試飲会に行ったときの話からお互いワインが大好きなので 
「今度、うちらで小さな試飲会でもしませんか」
ってことになりました。
今回は日頃civita さんがお世話になっている酒屋さんに
全面的に協力していただき
イタリアワイン10本位(泡・白・赤)をみんなで試飲します。
それで何かお店のリストに入るワインが見つかればいいね
くらいのゆるい感じで。
(あくまでも試飲会なのでワイン会ではありません・・・)

ヒロッシーニは新幹線佐久平駅とイオンモール佐久平店の間に位置し
civita さんはそのイオンを挟んでちょうどヒロッシーニの
反対側に位置します。
薪釜もあり、ナポリピッツァの美味しいお店で
友人たちとの集まりなどでよく利用させてもらってます。
南イタリアワインも豊富で何より安い。そのうえ
僕の大好きなランブルスコもあるので嬉しいです。
そんなcivita さんたちとの今日の試飲会が楽しみです。  シェフ

写真はあくまでも僕の中のイメージです。

2012.08.01

8月のお休み

定休日通り、毎週日曜日をお休みします。
5日・12日・19日・26日になります。

次の記事