14年目の朝

14年目の朝

昨日は急な用事がありお店は休みをいただきました。

天気予報通り、夕方から降り始めた雪はみるみる積もり今年一番の大雪に…

『明日は早起きをして先ずは、こてさんねの雪かきからだ!』
そう思っていました…

木曜日は娘の塾の日、そのお迎えのため21時過ぎに佐久平まで
途中、なんとなく気になり『こてさんね』をまわりました。
さすがに岩村田は佐久穂町と違い雪は止んでいましたが結構積もっていました…
駐車場に着くと、ヒロッシーニの隣で
(この一年くらい一軒だけずっと頑張ってくれていた)
居酒屋151(いこい)の古屋さんが一人で雪かきをしてくれていました!

古屋さん曰く
「ヒロッシーニさんには、毎日朝からきれいに掃除をしてもらっているから、雪かきくらいは俺がしねえと…笑
これでもう雪は降らなそうだから、明日の雪かきは大丈夫ですよ」と笑って言ってくれました!

こてさんねは佐久平から比べると、掃除をするエリアはかなり広くなりました!駐車場から始まり、階段、スロープ、風除室、フードコート、そして共同トイレ、店内も入れると3倍以上は広くなっています…
ただこれは、佐久平でも佐久穂時代のヒロッシーナでも、例えば土地を買って一軒家のお店をだしていたとしても同じことで、お客様が駐車場に車を止め、テーブルに着くまでの導線は、どこでやっていようと飲食店である以上、『毎日きれいにしてお客様をお迎えする』これは最低限のことだと思って仕事をしています。
それに毎朝僕が早く来て、この掃除から始まり仕込みをしているわけではなく、佐久平からの変わらぬスタッフが毎朝、本当に気持ち良く掃除をしてくれています。
『汚いから掃除をするのではなく、いつもきれいな状態でお客様をお迎えしたいから掃除をする』
そんな同じ思いのスタッフ(現在6名女性)のおかげで気持ち良く仕事ができるのです

隣の居酒屋さんにも、移転した日にこの思いを伝え「夜が商売の居酒屋だとしても共同、共有スペースがある以上、早く来て掃除をしてください、という気持ちは僕らには一切ないので気にしないでください。いこいさんが、もしここにいなくても、僕らの掃除は変わらないですから、それ以上に何か困ったことがあったら助けてください」
そう最初の日に話をして50日が経ちます。
昨日、いこいさんも同じようなことを言ってました
「ヒロッシーニさんがいなかった時も、雪かきはしないわけにはいかなかったんですから…笑っ」

そんな雰囲気で、移転後を毎日順調にやっています

そして半年前の閉店、移転とバタバタだった13年目を昨日無事に終え、おかげ様で今日14年目のヒロッシーニを迎えることができました!
ヒロッシーニ移転、継続を薦めてくれた皆様には本当に感謝しています
ありがとうございました
そんな皆様のおかげで14年目のヒロッシーニがあります
そして、昨日のいこいさんの雪かきのおかげで、この投稿、ブログを書く時間があります
そんな14年目もよろしくお願い致します ーシェフー

写真は今朝、シエナ(息子)が5時起きをして、家の前から裏の一人暮らしのおじいちゃんちまで雪かきをしていました。結構な面積です…!
優子さん曰く、雪かきは自分の仕事だと思っているみたいです
特に言ったことはないのですが、健全に育っているなっと思えた14年目の朝でした…