ブログ
2012.12.31

ヒロッシーニ

本年もヒロッシーニをご利用いただきありがとうございました。
今年もお客様に支えられ、仕事納めとなるおせち料理を無事お渡しできることを嬉しく
また感謝の気持ちでいっぱいであります。本当にありがとうございます。
来年もどうか飽きずにお付き合い下さい。よろしくお願い致します。
スタッフ一同

そしてこの場をかりてのご挨拶として 2013年7周年を迎える2月1日よりイタリア食堂ヒロッシーニは
イタリア食堂の冠をはずし、「ヒロッシーニ」 のみとなります。

春に採れた天然のタラノメはパスタやサラダにするより天ぷらで食べるのがやはり一番美味しいと思っています。
夏に知り合いにいただいた天然の鮎は何もせず塩焼きで食べたいです。
イタリア料理店なのに秋にポルチーニは使いません。目の前で採れる りこぼうや栗茸が大好きで、
冬の大根は信州サーモンや寒ブリのあらと一緒に醤油で炊き、あら煮を作りたくなります。

22年の料理人生、何となく最近そういう料理が好きです。
私はやはり日本人なのだと感じます。そして佐久で生きています。
イタリア料理という枠だけにとらわれず、もう少し国境をなくして料理の幅を広げていきたいと考えていました。

そんな中先日、友人のブドウ栽培家と国産ワインを試飲する会をしました。その時にこの迷いが
私の中から消えました。イタリアのどの辺りの、どの人が作ったのか正直詳しくわからないワインを
まるで知っているかのように売ることよりも、小諸のマンズワインさんのスパークリングワインを飲んだり、小布施や塩尻、山梨など何となく 「女房の実家がその近くだよ」とか「昔住んでいたところがその村だよ」 などお客様と景色が見えるワインを楽しむ。

私が使う食材はできるだけ目の前の旬のものを使いたいと思っています。
なのにワインは知らない遠くのイタリアのものです。
何となく自分のやっていることの矛盾に気づきました。
そんなこともあり2月よりイタリア料理店という名ではなく、中山弘の22年間学んできた料理とワインをできるだけ提供したいと思い、店名を変えることにしました。もちろんパスタもピッツァもイタリアワインもスペインの豚もあります。
ただ、今まで以上にお客様はもちろん、食材、生産者の方々とまっすぐに向き合っていきたいと
思っておりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
そしてみなさま良いお年をお迎え下さい。

ヒロッシーニ オーナーシェフ 中山 弘

2012.12.12

おにぎり

 僕の40年の人生の中で一番美味しかった、おにぎりは、うちの契約農家、のらくら農場の萩原さんの奥さん、幸代さんが握ってくれたおにぎりです。

幸代さんのおにぎりは、お米は当然自家米の有機無農薬のごはんで、電子ジャーは使わず圧力鍋で炊きあげています。
そして食べる時の時間に合わせて塩加減や握り加減をしています。
彼女のおにぎりを食べた人は必ず言います。
「美味しくて涙がでそう」って
実は昨日、中学の時の同級生と忘年会をしていました。
その時に僕の応援する友人からお弁当の依頼の電話がきました。
こういうことを詳しく書いていいのかわからないので、
ある政党の幹事長の方が召し上がるお弁当の依頼です。
たった一台の注文でしたが例外で受けることにしました。

正直、飲み会の最中も光栄な事なので お弁当の内容をずっと考えていました。
ここはバリッとヒロッシーニらしく、イタリアン弁当でいこうかな・・・?

でも・・・多分その方はこの選挙期間中、日本中を走り回って
移動中の新幹線や車の中、事務所などで毎日毎食、お弁当を食べておられると思いました。
そう思ったら急に幸代さんのおにぎりを食べてもらいたくなり、
酔っぱらった勢いで、夜中にのらくらさんに電話をかけていました。萩原家の方すみません・・・

今朝、幸代さんのおにぎりをもらいに のらくらさんちに伺いこの経緯を話しました。
そしたら幸代さんは涙ぐんで喜んでくれました。
そうしたらお弁当のメニューがどんどん決まって・・・結局、
のらくら農場さんより
 幸代さんの握ったおにぎりとお漬け物
 寒〆野菜のバーニャカウダ
 冬タマネギのキッシュローレンヌパイ
 含め煮大根のフリット
佐々木信幸さんの信州サーモンの自家製スモーク、サラダ仕立て
北八ヶ岳産 熊肉のジャポネソース
濱口さんの自家製からすみ
福味鶏の塩こうじ焼き
野辺山産 寒〆ほうれん草と冬にんじんのマリネ
ハニーココさんの渋栗のタルト
宮原農園さんのりんご
僕の大切な生産者の食材と友人の料理をお弁当に詰めました。   シェフ
2012.12.10

年末年始の営業のお知らせ

12月25日(火)ランチまで営業。ディナーはお休みになります
12月26日(水)~1月1日(火)までお休みをいただきます
           (少し早い冬休みとおせち仕込みのため)
1月2日(水)から営業致します
1月6日(日)~1月9日(水)はお正月休みをいただきます
1月10日(木) ディナーより営業
1月11日(金)~ 通常営業いたします

2012.12.10

改めて感謝

よくドラマや美味しんぼに出てくる寿司屋でのワンシーン・・・。
ちょっと馴染みになった客が知り合いや部下、女性を連れてお寿司やさんに。

「大将、今日もいいとこ握ってくれよ!」と言うと
寿司屋の大将は
「ばか野郎、うちのはいつも最高なんだよ」
っていうシーン

ここ最近、春に来て下さったお客様、夏頃に来て下さったお客様、先月来て下さったお客様などなど、色々な方からバーニャカウダが「美味しくなった」と言われます。

バーニャカウダは、ご存じの通り、ヒロッシーニの看板メニューであります。

寿司屋話しと少しニュアンスは違うかもしれませんが
バーニャカウダは、正直今が一番美味しいと思います。
春は、冬が終わり野菜が出てきた喜びも含めての美味しさで
力強さは正直あまり感じません。
夏野菜は、瑞々しさはありますが、バーニャカウダとの相性は・・・。

やはり、この季節、霜を何度も受けた冬野菜は美味しいです。
滋味深い味わいの根菜から、朝まで凍っていた、からし菜やルッコラに小松菜の甘さ。
胸を張って今、11月、12月、1月が一番美味しい季節だと思います。

「ばか野郎、うちのバーニャカウダはいつだって美味しい」
とは僕は言いません。
食材の旬には、絶対かないません。
きちんと熟成させた食材にもかないません。

先日、すばらしい白子、牡蠣、鰹、豚肉が入荷し、
お客様に大変喜んで頂きました。

食材あっての料理人です。
そして、食べてあっての料理人です。    シェフ

2012.12.08

新戦力

ブログ愛読者のみなさん、大変ご無沙汰しております。
12月はおかげさまで毎日を忙しく働かせていただいてます。

スタッフも優子さんはランチには来てくれていますが、
夜はまた僕とアダッチーニとタカシマの3人に戻ってしまい、男子・部活系のノリです。

そんなわけでなかなかブログは更新できませんが
フェイスブックは簡単でも毎日投稿してます。
フェイスブックをされていない方でも、見ることはできます。
そちらもよろしくお願いします。            シェフ

ちなみに写真は洗い場の新戦力
アダッチーニの息子 足立優です。
よろしくお願いします。