ブログ
2014.05.28

花のある生活

20140528-152733-55653120.jpg

さすがに年齢は伏せますが、
今日5月28日は、優子さんの誕生日です。
せっかくの機会なので今日は、優子さんとの結婚くらいまでの話しを書きたいと思います。

<中山優子 >
旧姓 西井優子
1970年5月28日 西井健二、西井厚子の長女として、大阪府枚方市に生まれる
花や草木、自然が大好きな彼女、そしてホテルの接客にも興味があった優子さんは大学を卒業後
長野県南佐久郡南牧村 海ノ口自然郷内にあるホテル 『八ヶ岳高原ロッジ』に入社
ドラマ「高原にいらっしゃい」の舞台にもなった八ヶ岳高原ヒュッテや世界的な音楽家がコンサートに訪れる八ヶ岳高原音楽堂
そして、天皇皇后両陛下や時の総理、各界の著名人なども宿泊されるホテルのレストラン部門に配属されました。

ちなみに優子さんは、僕より年は一つ上ですが、高校を卒業してすぐに入社した僕が3年早く入社したため、一応僕は先輩になります。
そんな優子さんも、今年で44歳!同僚時代を加えますと、もう22年の付き合いになります。
『僕と長くいる時間ランキング』でもアダッチーニに次ぐ堂々の第2位
ちなみに、みんなの高島健一は第5位です。

<結婚>
話しは少しそれますが、サッカーが大好きな僕には夢がありました。
結婚する年は絶対にサッカーW杯の開催される年に、当然新婚旅行をW杯観戦の新婚旅行にしたかったからです…

そんな1997年 11月16日 マレーシアのジョホールバルで日本が初めてW杯フランス大会の出場を決め
その翌年1998年5月24日に僕は優子さんと結婚をしました。
そして、6月14日 記念すべきW杯初戦の日本vsアルゼンチン戦に行ってきました。
いよいよ来月からブラジルW杯が始まります。結婚から数えて、もう4大会 16年が経ちました。

家事や育児に追われ、小学校のPTA副会長をしながらのヒロッシーナのオープン
経営者という責務や重圧、そして恥ずかしながらも軌道に乗らないお店での一年は本当にきついと思います。
毎日毎日ただただ忙しく時間に追われるだけの日々
大好きな花や園芸、畑仕事もできず、子供達と一緒に過ごす時間も減り、取り込んだ洗濯物の山の中から自分の服を探し出す…

それでも我が家のダイニングやキッチン、トイレには16年間毎日欠かすことなく花が飾られ、毎日、変わらね笑顔の優子さんがいます。

ヒロッシーナでも変わらずに花が飾られ、笑顔が続くことを願って
「お誕生日おめでとう」 シェフ

2014.05.04

継続を願って

20140504-204250.jpg

おかげ様でヒロッシーナも、もうすぐ一年になります。ようやく暖かくなりゴールデンウィークということもあってか、ここ最近毎日を忙しく働かせて頂いております。

そんな嬉しい話しの中ですが、お客様に改めてお願いとお詫びがございます。

<お惣菜デリ>
3月より本格的に始めたお惣菜デリは、毎日沢山の方にご利用頂いており、本当に嬉しくありがとうございます。

ただ最近、「これとこれとこれを全部」と並べたお惣菜のほとんどを買いたいと言われるお客様が多くなり、対応に正直困っております。
理由として、どうしても調理するスタッフ、調理場のキャパ、そして仕込んだ料理をストックするための冷蔵スペースなどに限界があり、量販店のような販売は、どうしてもうちではできません…

20個の商品があった場合、一人の方に20個買って頂くのも、1個づつ20人の方に買って頂くのも、その日の売り上げは変わりませんが、欠品だらけのお惣菜のお店にそのあと来られたお客様は、今後来店されることは多分無いと思います…
今日の売り上げも大切ですが、ずっと続いていくお店でいたいものです。

そのためにも、ヒロッシーナだけでは追いついていない仕込みをヒロッシーニでも仕込み、ランチ終了後と夜の営業終了後に2度運んでいます。
スタッフみんなで協力して飽きのこない、皆様に喜ばれる旬のお惣菜を日々作り続けていきたいと思っておりますので、気に入ったお惣菜を沢山お買い求めになる際は3日前のご予約をお願い致します。

<営業時間>
オープンから営業時間の変更ばかりで皆様には大変ご迷惑をおかけしております。本当に申し訳ございません。

皆様には「早過ぎだよ」と言われますが、ヒロッシーナの最終入店時間はお惣菜デリ、レストランともに19時30分がラストオーダーとなります。

理由としましては、ヒロッシーナは女性が切り盛りするお店です。
私たち男性と違い体力だけでなく家事や学校、子供のことにも追われる生活を日々しています。
朝も家事をし、普通の仕事の方とあまり変わらない時間に出勤をし
中抜けがあるとはいえ、ディナー終了まで働く日もあります。そして家に帰ってまた洗濯などの家事をしています。
少しでも、暇な日は早く帰って体を休めてほしく、19時30分をクローズにし飲食業ではありえないことですが週2日お休みを頂いております。
きちんとスタッフをそろえられていない私の不徳が原因なのですが、スタッフが毎日元気に出勤しお店を長く継続するためのお願いです。

一日でも早く営業時間と営業日を増やせるよう努力致しますので、19時30分以降のご来店はどうかご遠慮下さい。

どちらも私の勝手なお願いですが、ご理解の程よろしくお願いし致します。

オーナーシェフ