ブログ
2011.01.31

ワインとバケット


22時すぎに仕事を終えて帰宅する自分にとって
よく言う 美味しいワインとバケットがあればそれだけで・・・
が生活のほとんどです。

特に昨年の秋くらいから、めちゃめちゃ美味しいバケットと出会い。

1月25日の夕方、この美味しいバケットを焼く佐久市野沢にある
パン屋“りあん”のオーナー平川さんより
2月2日 オープン6年目を迎えるヒロッシーニさんへと
AUGURI  DI  BUON COMPLEANNO!   HIROSSINI
(ヒロッシーニ おたんじょうび おめでとう)
と書かれたパン細工(写真)のお祝いをいただきました。
当然すべてがパンで作られているのですが、“まさに職人技”。
久しぶりに(10年くらい・・・)こういう芸術的な作品を手にとって
目にしました。本当に感動の一言です。
それ以上にまだ暗い朝のうちからパンの仕込みに入り、
夜遅くまで働かれている平川さんが、寝る時間をけずってこれを作ってくださったことが何より嬉しく、
「なんかこういう人だから毎朝美味しいパンが焼けるんだな」とスタッフみんなで感じました。

明日より5周年祭。2月2日には6年目に突入します。
気を引き締めて行きたいと思います。
                                         シェフ

そうそう!特に最近たっぷりバターをしみこませたバケットにはまって食べています。
おなか周りと引き換えに・・・      

2011.01.07

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・・・


 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

本当にご無沙汰のブログになります。
明らかにクリスマスやおせちという年末の忙しさに重ね
ブログというものが自分の習慣になっていないことが
このような結果となり、申し訳ございません。

 1月7日 今日は七草粥を食す日。
今朝もたくさんのお粥を家で作りました。
日本の古い風習があたりまえの家だったので、自然と大人になった自分も受け継ぎ
もう12~13年毎年この日は私が七草がゆを作ります。
年々食べる人数が増え、家族だけでなくお店のスタッフや
近所の友人・日頃お世話になっている方々に配り
お正月の疲れた胃に・・・・という少し地味な朝ごはんというよりも
最近は「もう少し食べたかったなあ」とか
「おかわりいいですか?」、「年に2,3回はこういう日があってもいいんだけどな」など
なんとなく子供がいう「毎日がクリスマスだったらいいのにね」に似たニュアンスになってきています。

お店では”春の七草とあさりのリゾット”が1月のメニューとして用意しています。
あさりのだし汁にさわやかな七草の軽い仕上がりのリゾットです。
以外と評判も良く、七草がゆを食べれなかった人の代用のような存在にもなっています。
そんな日本の食文化や旬を大切にしたイタリア料理店で今年もありたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
                                                シェフ

そうそう!ちなみに「毎年この七草がゆが楽しみなんだ」と言っている妻が
               きのうしっかりと今朝のごはんを予約して寝ていました(笑)