ブログ
2012.01.21

2月のお休みと第2回お子様連れOKの日

2月のお休みは、毎週日曜日の定休日のみとなります。

第2回お子様連れOKの日の日が、3月18日(日)に決まりました。
詳しくはブログをご覧下さい。

2012.01.21

第3回お子様連れOKの日

日頃より年齢制限に際し、深いご理解をいただきありがとうございます。
 この度、3度目となる お子さま連れOK の日が
決まりました。なお、この日は6歳以下のお子さま連れのお客様のみの
ご入店となりますので、ご了承ください。

 7月 15日(日) 定休日を利用します
 時間・人数・料理すべて完全予約制となります 
 ご予約時間 ランチ11:30  ディナー17:00 のみの御入店となります
 お料理 (大人の方) 下記 2コースをご予約時にお申し込み下さい(アラカルトはございません)
      ¥2500(前菜・スープ・バーニャカウダ・ピッツァ・パスタ・デザート・コーヒー)
      ¥4000(旬の食材を使ったシェフおまかせコース)
    お子さまのみ単品メニューご用意しています(スープ・ピッツァ・パスタ)

*たくさんの方にご来店いただきたいので、お子さま含め最大6名様でお願いします
*お願い:ベビーカー・お子さまイスの必要な方はお持ち下さい
      小さなお子さまのお食事(離乳食など)は気になさらずお持ち込み下さい

大変人気の企画になっております。満席になり次第〆切らせていただきますので
ご予約はお電話にてお早めにお願いいたします

また、小さなお子さまは体調を崩しやすいと思います。
当日のキャンセルでも、気にせずご連絡ください。
なお、6歳未満のお子さまがお越しになれない場合は、他の皆様もご入店できなくなりますので、ご了承ください。

第1子をご懐妊中の方は次回ご来店(誕生された後)お待ちしています。

2012.01.20

のらくら冬野菜の会

 一昨日は恒例となった年2回ののらくら農場さんの
野菜の会 「真冬編」 でした。
参加者もだいぶ増え、今回から2回に分け
来週の25日にも開催します。

 この時期はー15℃が当たり前ののらくらさんの畑。
その極寒で採れた冬野菜はとにかく美味い。そして何より甘い。
 朝はポキポキに凍っている小松菜やルッコラ
からし菜やターツァイなどの青野菜。
そして地中深くに穴を掘ってわらをかぶせ
保存された大根やかぶなどの滋味深い味わいの根菜類。

今回のコースはオニオングラタンスープにゴボウのラグーのパスタや
冬にんじんのニョッキ、能登の寒ブリで作ったぶり大根など
当然ですが冬らしいメニューにしました。その中でも一番好評だったのは
アダッチーニこと足立くんの考案した花豆のモンブランでした。(写真)

お客様も会を重ねるごとに、肩の力がぬけ打ち解け合いとてもフレンドリーなムードに。
萩原さん(のらくら農場さん)への質問も増え、食べるひまもないほど
の質問攻撃にあたふたしながらも楽しそうに答えてました。

寒い冬の夜、ワインにも助けられ楽しく笑いあふれるあたたかな会でした。

このような楽しい会になったのは、お客様との信頼関係
そして絶対的な信頼をおける生産者との関係。
小さなことですが、そんな一日一日の長い積み重ねが作りあげた結果だと感じました。  シェフ

2012.01.09

1月のお休み

1/15(日)・1/22(日)・1/29(日)をお休みいたします。

2012.01.08

書き込み

このブログは昨日公開の予定でしたが、下書きのままになっており
一日遅れとなりました。シェフお許し下さ~い。            タカシマ                                                               

今日は1月7日 七草がゆ 去年のブログにも書いたように今年も
例年通り友人でもあり僕の主治医?・・・のたなべ診療所の田辺さん宅の分と
スタッフの賄い分を朝から仕込みました。
この極寒の信州佐久では外は全面雪、春の七草を手に入れるには
不可能で揃えようと思うとどうしてもスーパーの¥398の七草セットのパックを
買うしかなくとても残念です。

今日から少しの間、初春の定番メニュー『春の七草とあさりのリゾット』が始まります。
できるだけ地の物を使いたいので七草にならず、三草、四草になるかもしれませんが
ご理解下さい。

“食べログやらせ事件”
月10万円の支払いで順位の操作をしてもらい
経営のきびしい飲食店がいきなり行列のできる繁盛店に変わる。
または、クレーマーや業者などウソの書き込みで閉店に追い込まれるお店。
“月間利用者約3200万人の人気サイト食べログにどれだけの本当の書き込みがあるのか?”
というような内容で・・・

お店がオープンして半年くらいたった頃、なんとなく一度だけ自分のお店の書き込みを読みました。
色々なことが書かれていましたが、その中に今まで生きてきて一度も作ったことのない
身に覚えのない料理に対してめちゃくちゃなコメントが書かれており、
ハァー??という内容でした。
こういうのってなんとなく顔の見えない人の所詮かげ口に感じ、
それ以来一度も見ることはありません・・・
というより、パソコンをいじれない半アナログ人間の僕には見れないのですが。
ただ、こういった事件が新年早々明るみになったのは、
飲食業界にとってよかったのではないのでしょうか。      シェフ
                                                                

前の記事