ブログ
2013.10.31

11月のお休みのお知らせ

11月のお休みは、毎週日曜日(定休日)と、
11日(月)、18日(月)は、両日とも前日イベント参加の為、振替でお休みさせていただきます。
よろしくお願いします。

2013.10.29

ぶどう畑にて

20131029-131045.jpg

先週の日曜日、小諸のマンズワイナリーの収穫祭に高島が行って来ました。「一緒に行きませんか?」っと誘われていましたが、別の予定が入っていたので僕は行けませんでした。
収穫祭は、すごい人で!すごい盛り上がっていましたと高島が言ってました。
本当にこの数年で近くに沢山の素晴らしいワイナリーができ、それに伴いワインのイベントなども増えて、とても嬉しいことです。

そんな先日の日曜日、僕は家族みんなで上田市にある宮原農園に行って来ました。
宮原さんは洋梨の世界ではかなりの有名な方なのですが、洋梨だけでなくりんごやプルーン、ぶどうなども作る生産者です。

そんな宮原さんとは、ヒロッシーニを開業する前の、まだ勤めている頃から、お付き合いをさせて頂いていますので、もう14年になります。

毎年決まって10月の最終週の日曜日に宮原さんのぶどう畑に行きます。
お店のデザートに使うりんごや洋梨、お世話になった方への贈り物を買わせて頂きに…

収穫を終えた広いブドウ畑の中には、ポツンポツンと紙に包まれたブドウが少しづつですが、いつも残っています。
「ヒロッシーニさんの分とっといたよ」っと毎年毎年奥さんが言ってくれます。

宮原さんは、十種類近いブドウは作っていますが、どれもしっかりとした凝縮感と甘さがあり本当に美味しいです。

その中でも、僕はスチューベンが大好きです。ここ数年注目のロザリオビアンコや秋クイーン、シャインマスカットも美味しいのですが、それでも僕はスチューベンが大好きです。なんとなく宮原夫妻の人柄を感じる優しい味がするからです。

写真は、ゴルフのカートを改造した車です。ようやく歩き始めた頃から、この車に乗って大好きなフルーツを食べながら、ぶどう畑にりんご畑にと走ってもらうのが子供たちはとても楽しいみたいで、秋の収穫の一番忙しい時にホント申し訳ないと思っています。

そんな宮原さんも体調を崩され、今年は畑では会えないものと思って出かけたのですが、あのカートに乗って今年も来て下さいました。
本当に本当に嬉しかったです。
がその反面、もうそれなりのお年です。正直あんまり無理はしないで、ぼちぼちとやっていってほしいとも思いました。

そんな宮原夫妻の作るスチューベンが僕は大好きです。優しい味がするからです。          シェフ

2013.10.19

かぼちゃのロールケーキ

20131019-165618.jpg
ほとんどの人がそうだと思いますが、僕は目が覚めてから11時頃までの元気で色々なことを前向きに考えられる!この時間帯の脳みそが大好きです。
だから、朝のウォーキングや直売所などの買い物の時間、出勤途中の車の中、そして朝カフェは最高の時間なのです。

今朝も、ご予約のお客様のバースデーケーキを取りに大好きなケーキ屋「ハニーココ」さんに寄って出勤しました。
その前に、友人のパン屋「りあん」さんにも寄りつつの出勤

家からお店へは、国道一本で行けるため、この2店をまわると少し遠まわりにはなりますが
オープンしたての慌ただしさやスタッフのキビキビと働いている姿
焼きたてのパンやかわいらしいケーキが次々に並べられていく光景が見れる
この朝の時間が大好きです。

飲食業に関わらず、独立をした経営者はいつも頭の中に次の移転先のことや展開、ビジョン、イメージなどを持って生きていると思います。

りあんさんの焼きたてのバゲットを買って出勤
隣りにはハニーココさんの様な美味しいケーキ屋さんがあって、向かいにはおしゃれな花屋さん…
そんな夢の様なテナントビル?テラス?をいつかみんなで実現できたら嬉しいなと
そんな夢のような話しをしながら、今朝はハニーココさんのかぼちゃのロールケーキで朝カフェをしました。

色々なたくさんの小さな夢が、いつか叶う日が来るよう、毎日いっぱい考えて、たくさん話して行きたいと思いました。
                                  シェフ

2013.10.10

りこぼう

20131010-175025.jpg

今朝も、父が籠いっぱいに天然のきのこ(りこぼう)を採って来てくれました。

ヒロッシーニがオープンして8年、この「りこぼうのパスタ」を毎年、毎年楽しみにしているお客様が沢山います。

そんな話しをいつもしているせいか…?
父は本当に毎日、朝早くから山に入って沢山のきのこを採って来てくれます。
そして、私が家を出るまでに必ず持ってきてくれます。

そんな父は、幼少の頃からひどい喘息持ちで、最近は特にひどく山から下りてきた時などは正直、会話ができないくらいの状態になっています。
他にも幾つかの持病を患っているのでとても心配です。

それでも、きのこ採りにしても、山菜採りにしても張り合いを感じてくれているのか、とても楽しそうに山に行っています。

ただ、今年はきちんとこのきのこの採れる場所を、父から聞いておこうと思います。
だいたいはわかるのですが、今のうちにきちんと教えてもらっておこうと思います。

今週の月曜日、足立と高島に稲こきと籾すりを手伝ってもらい、
おかげ様で今年の田んぼも無事に終えることができました。

変な話しですが…
僕はトラクターが運転できません。それだけでなく、田植え機や稲刈り機、脱穀機もうまく扱うことができません。
俗に言う機械音痴? メカ音痴です

だから、小さい頃からずっと父が担当していましたが、今年は父ではなく、高島に脱穀機をお願いしました。

それは単純に来年、親父が脱穀機を動かせているのかどうなのか
心配になったからです。
だから、今年は高島にお願いをしました。
正直、父はあまりいい顔をしてませんでしたが…。

縁起の悪い話しをするつもりではなく、いつ何があってもおかしくない歳に親たちがなってきているそんな現実の話しです。

たぶん、来年も変わらずに父は田んぼに立って、オレたちに色々と指示をする、
夕飯時には、お馴染みのきのこ御飯やりこぼうおろし、小鮒の煮付けなどが並ぶ
そして、「今日はありがとな、ありがとな!」
っと言って、高島や足立にビールをお酌する
「さぁーて、田んぼも終わったことだし、明日からまたきのこ採りに行くだな!」
っと嬉しそうに話している父がいる。

「別に何もなければそれでいい・・・」
本当に何もなければそれでいい、ただのそんな話しです。
                                        シェフ

2013.10.08

10月のお休みのお知らせ

毎週日曜日と13(日)14(月)はイベント参加のため連休をいただきます
なお、17(木)のランチと22(火)のディナーは
排水工事及び防水工事のためお休みをいただきます