ブログ
2012.06.30

温かみ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    僕が中学まで住んでいた家は、お風呂は薪で焚きつけ、
こたつは掘りごたつの本当に古い家でした。
引っ越した今の実家も、まだ掘りごたつでお風呂も薪と灯油で焚きつけるタイプです。

この歳になると掘りごたつや薪で焚きつけるお風呂がある家はなんとも贅沢に感じ
掘りごたつの暖かさは“日本人らしい温かみ”があって、電気ごたつの暖かさとは違い、
母が寝る前に薪を一本入れておいてくれたお風呂は仕事を終え、
真夜中に帰ってきてもまだ暖かく、40℃に設定されたお風呂とは“温かさ”が違い、

ただ、小学校高学年~中学生くらいの思春期の頃はやはり
掘りごたつや薪のお風呂、シャワーがない家、ピンポンのない玄関などなど・・・
古い家に住んでいるというのはとても恥ずかしく、
そのうえ、そと水道の横のバケツの中に灰であく抜きをしているわらびの
あの汚く見える水は、食べ物とは思えず、
友達なんかに「なんか腐ってるぞ」って言われた時には、
ばあちゃんに「あんなの捨てろよっ」と本気で文句を言っていました。

今では、時間がたくさん経ったおかげか、田舎もんなのか、
わらびは大好物の食材の一つで、
毎日、父が採ってきてくれるわらびのあくをぬき、ランチのパスタでも使っています
(あさりと甘海老と立原高原のわらび)
この時期のわらび採りは、山の中で雑草や若い木が腰以上の高さになっていて、
とても見つけづらいそうです。
そんなこともあって、あと一週間くらいのメニューとなります。

小さい頃嫌いだった思い出のわらび、
文句を言っていたばあちゃんにあくのぬき方を教わり、
父が毎日、山で採ってきてくれるこのわらびには、
ビン詰めやパックのわらびとは違う
“温かみ”が僕にはあります。                                                                                                                                         
                                               シェフ

2012.06.28

7月の休みのお知らせ

毎週日曜日と7/29(日)7/30(月)は連休をいただきます。
また7/16(月)は15日のお子様連れOKの営業(要予約)の振替でお休みします。

2012.06.27

ホームページ修正?

                                                                                                    
                                                                              
                                                                                        

                                                                             

                                                                                

                                                                              お店の畑の夏野菜も順調にすくすくと育っています。
昨日は、今年初めての花ズッキーニを5本収穫し常連のお客様に食べていただき
なすもどんどん大きくなってきました。

今さらですが、いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
ご承知とは思いますが、
ヒロッシーニは新幹線佐久平駅のすぐ目の前にありますが、
私の家は車で30分くらい離れた週に2,3回は(ここ最近は毎日)鹿の群れに出くわす、
本当に自然に囲まれた山あいに住んでいます。

ホームページのトップにあるフラッシュ画像は
県外の方々が見たときに、きのこや山菜が沢山採れ、美味しい野菜が育つ場所と
イメージしてもらえればと作りました。
正直、心のどこかで少しは、「素敵なところ~」なんて思ってほしさもありますが・・・
そんなトップにも出てくる畑。この季節の朝の畑は本当に気持ちが良いです。

しかし今朝、その畑でとんでもない事件が起きました!
朝、7時過ぎ、いつものように優子さんと畑で野菜を採っていると、
写真左奥の林の方からガサガサと音がしました。
山菜採りのおっちゃんかなと思った瞬間!
時速30㎞~40㎞くらいのスピードで、私たちの目の前を
イノシシが横切って行きました!
畑のど真ん中をまさに、“猪突猛進”で・・・

そんなことで、トップページのフラッシュ画像の中に
鹿の群れやイノシシという言葉をいれなければ思いました。
どなたか、鹿の群れや猪突猛進のイノシシの写真がありましたら
ぜひ、お願いします。
                                                 シェフ

2012.06.25

ガブ飲みビオワイン

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       合羽橋へ食器や調理器具など買いに行くとき、
ワインのインポーターさんの試飲会や取引業者さんの展示会など
仕事モードで東京に行く事が年に何度かあります。

そんな時 “ガブ飲みワイン”発祥のお店
ガール・ド・リヨン グループのどこかのお店に必ず寄ってきます。

最近は3月に銀座の “カレーとワインのお店ポール”(ブログにアップしてます)
先週は “銀座テルミニ” へタカシマと行って来ました。
テルミニは2回目ですが、この一年満席で2度程入れずにいる、
(2,3週間前には予約しているのですが・・・)僕の大好きなお店です。

テルミニは「腹一杯食べて、ワインをガブガブ飲んで笑って、それで安かったら最高でしょ」
がコンセプトのお店で、本当に銀座とは思えない値段とボリュームで
ワインも安くて美味しいです(安いというのは希望小売価格から考えてですが)

ワインリストはなく、自分の好みを伝え
何本か持ってきてくれたワインの中から自分で選びます。
(当然一本一本きちんとしたワインの説明があり)
なんとなくソムリエと同じようですが、全然違います。(完全に僕の主観ですが)

店内もめちゃめちゃ狭いです。東京では当たり前のことですが。
でもこのテルミニの狭さは心地良く、スタッフや周りのお客さんのガヤガヤとした
音や距離感が居心地良く
料理もすーごいあるわけではないんだけど、何かイタリアらしいメニューで僕は落ち着きます。

結局、 「腹一杯食べて、ワインをガブガブ飲んで、笑ってそれで安かったら最高でしょう」
が 僕の一番大好きで落ち着く外食スタイルなんだと思います。 
                                                     シェフ

ちなみに、銀座テルミニはワインを飲めない方は入店できません。
ソフトドリンクなども置いていないガブ飲みワインのお店です。

2012.06.16

ビオロジック

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     ビオロジック=有機栽培
化学物質(農薬・化学肥料)を一切使わない農法。
決して有機無農薬だからといってすべての野菜が美味しいとは正直思えず、
生産者によって味にバラつきが・・・
前回のブログの続きのようですが、今回はワインです。

よくビオワイン!ビオワイン!と言われるビオロジックワイン。
有機栽培のブドウを使ったワインのことですが
ビオワインも野菜と同じように生産者によってだいぶ味にバラつきがあるような気がします。
美味しいものも沢山ありますが、
今でもたまにビオ臭(酸化臭)のひどいものに出会うこともあります。
野菜同様それが有機の特長で自然だからと言われるとそれまでですが、
美味しくないものはやはり美味しくなく・・・

そんな僕の最近のビオワインの暗いイメージを
吹き飛ばしてくれた美味しいビオワインです。(写真)

左より「イ・レナイ」メルロー種、「ア・シリオ」サンジョベーゼ種、
ともにトスカーナ州、生産者はサンジェルヴァジオ。
そして、その右は、スイス国境にある日本人には馴染みの少ない
ヴァレ・ダオスタ州より「オッテン・ピノ・ノワール」生産者、エリオ・オッテン。
どれも価格も含め本当に美味しいと思いました。

詳しいことはネットで検索してもらえればどんなワインか、
すぐにわかると思います。
興味のある方は調べてみてください。

ちなみにヒロッシーニの経理は私の妻の優子さんが担当しています。
そのため、どのワインも少量入荷となっています。
ぜひお早めに・・・。
                                    シェフ

前の記事