ブログ
2017.07.19

『安売りでない理由…』

こう暑いと食欲も無くなるからパスタとかではなく、お蕎麦やお寿司屋さんに行くのかな…?

っと先週の投稿では書きましたが、本音は…
なんてことはなく、やっぱり忙しい繁盛店は季節や天気、立地などに左右されず いつも忙しいのです
そこには繁盛店の理由があるからだと僕は思います

先週、7月はどうしてもヒマな夜が多く…
そんな7月をどうにか乗り切るためにと
ディナーコース¥3800を
facebookをご覧になったお客様で、平日限定ですがご予約を頂きますと¥3800のコースを¥3000で提供させていただきます!
っとそうな投稿をしました。
(7月末までやっています。詳しくは先週の投稿をご覧ください)

おかげ様で投稿をしたその日から、「facebookを見まして」という電話が鳴り、facebookなどはやっていないお客様のご来店もあり、その日は予約ゼロから結果満席になることできました!

その翌日も週末も3連休もほとんど予約が無い状態でしたが、昨日までおかげ様で満席で終わることができました!
もちろん、facebookをご覧になってのお客様は全体の2割程度で、ほとんどのお客様はSNSなどはやっていないお客様なのですが…

そんな投稿をしていながら、とても矛盾した話になりますが、やっぱりネットの時代とは言え、日々ご来店して下さる8割近いお客様はネットなど関係ないお客様が多く(特にリピーターのお客様は…)

お店をオープンして12年、facebookを始めて5年くらい経ちますが、僕はそのくらいのバランスでいいんだと思っています。
あまりfacebook投稿やネットで
集客が左右されるお店では経営は厳しいと思うからです。

それなら投稿しなければ!
っと不快になる方もいらっしゃるかと思いますが、やっぱり今月は予約帳はほとんど真っ白な状態で、なんとかしなければいけない状況でした。
自分のお店がヒマだ!なんて経営者としては当然隠したいことであり、この投稿はお店にとってとても恥ずかしい投稿なのです。

お店を長くやっていると、昨日までヒマだったのに、突然集客がガラッと変わる瞬間がよくあります。

例えば、このままでは売り上げも集客もまずい!と夜中までスタッフみんなでミーティングをし、みんなが一つになって頑張ろう!っと決意した翌日から
神社にお願いをしに行き招き猫をお店に置いた日から
3年程前は(実話です)本当にお店が厳しくてお店を閉めようと決めトイレに『居抜きでこのお店を売ります』と張り紙をした日から
などなど…

結果は1カ月2カ月と経ってから『あの時の!』みたいに思うことなのでわかりませんが、今回はそれを狙った訳ではありませんが
それでも、この状況を打破する『きっかけ』になればと願をかけているのは確かです

投稿をした日から、毎日「facebookを見て」と電話がなります。
「あのコースを¥3000で食べれるなら!」とうれしそうに電話をかけてくるお客様もいますし
「ヒマだって書いてあったから会社の暑気払いや送別会」など10名様くらいの団体を持ってきてくださる常連のお客さんや家族やお友達と一緒に2回もご予約を入れて下さる常連さんなど…
色々な理由でご予約を下さる方がいます
あの真っ白な予約帳が少しずつですが埋まってきています。

長い目で見た時にお店は、いつも変わらぬスタイルで、毎日安定した仕事と集客、売り上げをキープしているのが理想です。

それでもお店は人間と同じで、弱い時やうまくいかない時もあります。
誰かに声をだして助けてほしい時があります。
また矛盾した話になりますが
そんな時に助けてもらえることは本当にうれしいのです

「そんなの安売りじゃん」と言う人もいると思いますが、ちょっと違います。
厳しい時にに助けてくれる人への感謝の気持ちを先に投稿の場で書いてお礼をお渡ししているのです。

誰かに何か助けてもらった時、お世話になった時に、お礼に食事をごちそうしたり、お酒をあげたり菓子折りを渡したり…
そんな場面があります
今回は順番が逆になってるだけなのです。
飲食店は人との付き合い方と同じだと僕は思っていつも仕事をしています。

先日ランチにご来店されたお客様が、友人のご結婚のお祝いの会で、この企画をわざわざウチで都合を付けてご予約してくださいましたが、結局スケジュール的に厳しくなり、8月に入ってしまうことになりました…
8月でも僕らはこのお客様には、同じようにやらせていただくつもりでいます
それは、お店は人との付き合いと一緒で、その気持ちがいちばん大切なことだと思うからです。

ヒロッシーニは2〜3割のネットを見ているお客様と7割近いネットを見ないお客様
そのすべてのお客様に大切にされ、日々支えられているのです。

結局最後も矛盾していますが…

毎日暑い日が続きますが熱中症にはお気をつけください シェフ

2017.06.25

『やる気のない休みに…』


1週間の仕事を終えて迎える日曜日には色々な日曜日がある
本当に朝から晩まで忙しく身体がくたくたで迎える日曜日
精神的に色々あって心がくたくたで迎える日曜日
ヒマな日が続き経営的に追い込まれ心も精神もボロボロで迎える日曜日など
毎週どれかっていうわけではない。
どこもくたくたでボロボロでない日曜日も当然あるけど
やっぱり自営業、くたくたな日曜日は多い…

今朝は何の予定も何かやるぞ?っという気分ではなかったので、家のまわりに置いてある鳥の巣箱の周辺の茂った草木を片付け、それから2時間ゆっくりと鳥の鳴き声を聴きながらコーヒーを飲んでいました。

12時を迎える町のチャイムが鳴り響き、頭の中で『今日のお昼はどうしよう?』ってことに

なんにも予定のない日曜日のお昼は、ほかの家庭と同じで(僕の見解だけど…)夕飯のことも考えて冷蔵庫にある何かあり合わせで済ませるか
僕の場合は、仕事がら一人でランチに行くことが多い
日本料理の気分なら、お寿司の気分、フレンチ、イタリアン?
朝の気分で少し遠方でも出かける

そんな今日は、誕生日の夜から体調を崩して学校をずっと休んでいた娘がようやく元気になってきたのと、僕も料理を作るような気分ではなかったから…

12時のチャイムから数分で、2年前までオーナーをやらせてもらっていた、いまは足立夫妻に譲り二人が経営するウチからすぐの場所にある『キッチンえみゅー』さんに出かけることに決まりました。
それまで(この数ヶ月)えみゅーに行こうかな? って感情はなく
たまには…とか、そんな理由でもなく、急にキッチンえみゅーに行きたくなりました。

2013年、自分の生まれ育った町、佐久穂町に恩返しの思いも込めて、町の食材をふんだんに使ったアンテナレストランを開きました。
ちょうど今頃は、レストランの外観、内観はほとんど仕上がり、スタッフみんなでメニューの試作をしたり、食器が届いたり、新しいスタッフの研修をしていた時期でした。

僕の中では不安だらけで誰にも知られることなく、オープンしたヒロッシーニ開業の時よりも、夢にあふれていたヒロッシーナのオープンの方が、今でも忘れられず鮮明に覚えています

ヒロッシーナをやるか?やらないか?ギリギリ最後まで決まらなかったことがあります。
その理由は銀行の融資でも、僕自身の2店舗への不安でもなく、この人の決断待ちでした。
この人とは…足立の奥さんの勝恵(まさえ)です。
もう20年近く前からウチで飲む時、足立んちで飲む時など勝恵が必ず料理を振る舞ってくれました。
一流レストランの料理とかではないけど、普通の和食屋さん、中華料理、洋食屋さんのレベル以上で家庭料理だったら三つ星のシェフが作っても(気合いを入れられたら微妙だけど…笑)絶対敵わないレベルでしょう。
だから彼女にヒロッシーナの料理人として働いてほしかったのです。

オープンした頃は売り上げもあるしテンションも当然高い
勝恵の料理も伸び伸びしていて、僕の目には狂いはなかったと思っていました。

真冬を迎える頃には、人の動きも悪く当然売り上げも落ちます
バイトの人件費も考えなければいけないから、朝から晩まで勝恵が働き、原価率にもうるさくなりました…

よく書店に並んでいるビジネス書に書かれている『素晴らしい人材をヘッドハンティングしましたが…』
まさにそれになっていました。
素晴らしいアイディアを自由な時間に自由に考えてきた人材に
雇った以上、毎日毎日箱詰めでたくさんの仕事をさせ「何かアイディアはでないのか!でないのか?」とプレッシャーをかけ、追い詰め本来あるはずの能力も出せなくさせてしまう…
僕もそんなトップになっていました。
ことあるごとに原価率を言い、ほとんど毎日仕事帰りに寄っては『しょっぱい、甘い』などと注意をし、知らず知らずのうちに追い詰め圧力をかけているそんなトップになっていました。
そんな精神状態では美味しいものなど作れるわけはないのです。

もともと足立夫妻とは、ヒロッシーナをやるにあたって、軌道に乗せるまでの3年間は僕が経営をし、その後足立夫妻に譲る約束をしていましたが、経営の悪化やスタッフ不足などで結局2年で足立夫妻にお願いをすることとなりました。
時間が経った今だから話せる話です。

そんな久しぶりに行った今日
僕は昔と変わらず、気になるお惣菜を何品かと白州のハイボールを頼みました。ハイボールには、あの頃と変わらずミントとライムが入っていました。
夫妻二人になって、メニューや装飾だけでなく、店も二人の雰囲気も2年前とはだいぶ変わっていました。
その中でも、いちばん変わっていたのは、いつもいつも食べていたお惣菜の味でした。
口に入れた瞬間、香りをかいだ瞬間、ふとあの頃に戻ることって誰もがあると思います。

最初に食べた切り干し大根の味、チョットしょっぱかったけど、ずっとずっと昔、何かある度に作ってきてくれていた大好きだった勝恵の味でした。
涙が込み上げてくる味でした。
僕が作れなくさせてしまっていた味でした…
心の中で、この味がほしくて、この頃の時間に落ち着きたくて、だから今日急にえみゅーに行きたいと思ったのです。

久しぶりに何にもやる気の出ない休みだったので、朝のコーヒーとえみゅーの料理に本当に癒されました。

今日は精神的にくたくただけど、今日のうちに絶対ブログを書きたかったのは、25年来の付き合いの足立夫妻への敬意かな…

2017.06.18

『父の日とわらび…』


今日は父の日ということで、親父には、大好きなブレンデットウイスキーと僕の大好きなニッカウイスキーの『余市』をあげます。

親父にウイスキーをあげるのは、じつに27年ぶりです。
高校を卒業後、就職したホテルで初めてもらった給料で買ったウイスキー以来です。
誕生日には必ず何かをプレゼントしていますが、『父の日』に何かを!っというのは、たぶん人生で初めてだと思います…
男はマザコンだからか? 幾つになっても僕は母が大好きだから『母の日』には必ずプレゼントをしますが、やっぱり父の日は初めてな気がします。

そんな父は、投稿などで知っている人も多いと思いますが、わらび採りやキノコ採りが大好きです
僕は、わらび採りやキノコ採りは苦手ですが、わらびは全ての食材の中で一番に大好きです。
山菜はもちろん、モロッコインゲンなどの豆類やジャガイモ、カブ、春菊やハタやカサゴなどの魚や貝類、仔羊や豚肉も大好きですが、やっぱりわらびが一番です。
軽く見られがちなわらびですが、摘んでからからアク抜きをし、水にさらして、ようやく食べるまでに最低3日以上かかる!その手間とあのねっとりとした食感と風味の良さ、そしてアク抜きの時の熱い灰湯をかけた瞬間の色鮮やかな深緑は、たぶん僕が世界で一番大好きな食材の色なのです。

ヒロッシーニがオープンしてから11年、毎年毎年「こんなに使えきれないよ!」っと騒ぐくらいのわらびを父は採ってきてくれました。

「今度、ヒロシさんのお父さんとご一緒させてもらって、今年こそはキノコ採りや山菜採りに行って色々なことを教えてほしい」
っと同じ料理人の友達たちに食事に行く度に毎年毎年必ず言われています。

そんな12年目の今年、わらびは当たり前と思っていた今年、父はわらび採りに行きませんでした…
さすがに身体がしんどいらしく…
大好きなわらび採りをやめました…
だから、わらび採りには一度も行きませんでした…
昨年、このわらびが親父の採ってくる最後のわらびだなんて思ってもいなかったので、けっこうというよりかなり悲しくなりました。

色んな行事や会や節目など卒業や最後の日がわかっていることって多少はありますが、普段生きている中で『これが最後の日、最後の時』なんて考えることなどなく、そんなことをわからずに生きていることばかりで、時間が流れてから『あれが最後の日、最後の時だったんだ…』っと気づくことばかりです。だからものすごく悲しいのです。
それは東日本の震災のように大きすぎて辛すぎる悲しみもありますし、恋愛にだってそう思うことがあるし、生きていれば色々な場面でたくさんのそんな時があります。

だから、『父の日』ができる今日に感謝をして、気持ちのいい朝のうちに大好きなスコッチを持って実家に行ってきます。

2017.06.15

『またお客様を失うかな…』

『素敵で嬉しいことが
あったからあえて書きました…』

僕は食物アレルギーとかではないのに、「これは食べられない…あれは嫌い」とかいう
食べ物の好き嫌いがある人間が心底大嫌いです。
(理由にもよりますが)

レストランを経営して以上、経営存続に関わるタブーな発言ですが書きます。

理由の一つは
食材には一切の罪はありません
もともと みんな人間に食べられたくて生まれてきたわけでないのに(これは野菜に関しても)
勝手な人間の生きるために、いのちを落とされた上に「臭いだの、キモいだの、食感が…だの」
正直ホント腹立たしいくらいうるさいです!
僕らは色々な命をいただいて、こうやって生きているのです。
だから「いただきます」なのです。
だから、おばあちゃんたちが言う「米一粒も残しちゃいけないのです」
(これは戦後の食糧難からかもしれませんが)

もう一つの理由は、何でも普通に食べれるという当たり前のことが『とても幸せなことなんだ』ということがわからないレベルの人だからです…

6月10日は息子シエナの誕生日でした。
今年で16歳になりました。
知ってる人は多いと思いますが、シエナは生まれた時から、重度の小麦と卵の食物アレルギーを持っています。この成分を含んだ食べ物を食べるとアナフィラキシーショック(スズメバチに刺されまくった状態)になり、生死に関わるため救急車を呼ぶことになります。小さい頃は(岩村田の有名な某老舗和菓子屋さんのお菓子)や(全国でも有名な煎餅屋さんのせんべい)の成分表の書き間違えによって死にかけたことがあります。

だから、シエナが生まれてからの16年間、我が家には小麦と卵というものの存在はありません。
そのせいか、今年中学になる娘は卵の割り方ひとつ知りません…

我が家には普通のパンやケーキも一切存在しません…

クッキーやバームクーヘン、プリン、カップラーメン、ソーセージやハム、マヨネーズ、冷凍食品…あげ出すとキリがないくらい一般家庭にある食べ物は存在しません

外出していてお腹が空いてもコンビニは何の役にも立ちません…
「えっ!おにぎりがあるじゃん?」って思う方もいるかと思いますが成分表を見てください。ほとんどが食べられません…

子供が好きなお祭りや縁日にも行きません。テキ屋さんの食べものはまさに小麦 卵の極みだから、
たぶん本人は友達といっても、一人だけ見ているだけの辛い思いをするだけなので行きません…
それでも中学くらいから割り切って花火大会くらいは行ってます

当然、外食なんてウチではできません
ファミレスは成分表はありますが、たとえ大丈夫と言ってもマニュアルにそった対応のため断られます
個人店では「大丈夫ですよ」っと言ってはくださるけど、かえって対応に不安を感じる年配の方のお店は何かあったら怖いのでやめます…
一番多いのは…
「すいません、息子がアレルギーがあって」と下手の下手で言っても「あー、そういうお客さんはご遠慮いただいてて、すいませんね〜」ガチャ…と電話を切られたり、門前払いされます
最近ひどかったお店は、正月に初詣で息子と行った善光寺付近の有名な老舗うなぎ屋(Googleで検索1位2位のお店)は、まさに話し途中で勝手に電話を切られました…
その時息子は僕に「ごめんなさい」と何度も謝りました。本人は生まれてからずっと辛い思いをしているのに、僕のせいでっと謝っていました
その時の息子の顔は一生忘れません…

イタリア料理店の息子なのに、ウチの料理を食べたことはありません…

僕は料理人のくせに…
たぶんパン屋さんには5年くらい
ケーキ屋さんには3年くらい行ってません…
(行ったのも仕事の用事で?)

素敵なパン屋さんやかわいらしいケーキ屋さんは無しとしても、スーパーやコンビニのパンやケーキすら、我が家の玄関を通過したことはありません。

我が家のパンやケーキは基本優子さんが焼きます。
もちろん小麦、卵は使わない
それでも美味しさには限界があり、誕生日などはシャトレーゼや31のアイスケーキ 小麦、卵を使わないケーキを買ってきますが、贅沢は言えない立場ですが、やっぱり記念日は手作りと思ってしまいます

そんな今日、友人の津金舞子ちゃんがシエナに小麦と卵を使わないバースデーケーキを焼いてくれました。
彼女もシエナとシエナ以上の食物アレルギーを持っています。だから、すごい勉強をして素晴らしい技術と本当に親身になって焼いてくれます。
親の立場だけでなく、料理人としても尊敬します

写真のケーキがそれです
見た目も素晴らしいけど、とても柔らかく(米粉はどうしても切れないくらい餅のようになってしまいます…)そして、それ以上に本当に美味しいのです
舞子ちゃん本当にありがとうございました。

昨年の暮れ、SOCCAの岩﨑シェフがシエナにケーキを焼いてくれました。3月に息子の高校の合格祝いに舞子さんがお祝いのケーキを焼いてくれました。そして今回のこのケーキ、この16年間で我が家のダイニングに並んだケーキはこの3つだけです

ヒロッシーニはディナーに来店されると、必ず「アレルギーや苦手な食材はありますか?」っと聞きます。
これを読むと好き嫌いの多い人は言いづらくなるでしょう。それ以上に来なくなると思います
それでもお店はお客様に満足して帰っていただくことが仕事ですから言ってください。
きちんと料理は作らせていただきます。

それ以上にたぶん、このブログを読んで、また地元のお客様をおもいっきり減らしたはずです…

このブログは、うまく書けば素敵な話になったと思います
たぶん刺々しく、イラっとした人がだいたいだと思います。 それでも何でも食べられることは、当たり前だけど幸せなことなんだと感じてほしいのです。
好き嫌いの多いお子さんを持つ親御さん、そしてそれなりの大人の方にはわかってほしいのです。

「好き嫌いは個人の自由だろ!」って思われた方、争うつもりで書いてませんので来店されなければいいだけなのでご遠慮ください

もしよかったら一週間小麦と卵を使った食べ物を一切口にしない生活をしてみてください。
パンや麺類だけでなく、色々な製品の成分表を見てください
たぶん、一週間生活できないと思います。

当然、僕のお店はパスタが主体なので来れませんし、僕がそれをやったら経営は成り立ちませんが

息子が一番辛いとは思っていません
世の中には、食物アレルギーよりも、もっと深刻で大変な病気と闘っている人がたくさんいます。
チカラにはなれないかもしれないけど、その大変さや辛さに寄り添える人間、その辛さや大変さを日々理解する努力だけは怠らないようにしていきたいものです。

そんな息子は今朝も舞子さんのロールケーキをしっかり食べて学校に出かけました。     シェフ

2017.05.04

本音書いたぞ…


いよいよゴールデンウィークも中盤。社会人になって一度もゴールデンウィーク、お盆休み、シルバーウィーク、正月休みをしたことがないので、明日も明後日も明々後日も休みだって方の気持ちは、僕にはわかりません…
今日がダメなら明日、明日もダメなら明後日にする、そんな会話も人生で一度もしたことがありません…

うらやましいなっという、そういう話しではありません。
しつこいかもしれませんが、またまた『予約』に関連した話です

僕らはこんな商売だから何においても必ず予約をします。
予約をする理由は…
せっかく取れた貴重な時間を、予約をしておかなかったために入ることができなかった!などという間抜けなことは絶対したくないからです
遠方なら尚更、そこに絶対行きたいからです

これはレストランや居酒屋だけの話ではなく、当然ホテルや新幹線の指定席、美容室、病院(急病ではなく)車のオイル交換やメンテナンス、整体やマッサージなどなど、

僕らの仕事は、朝はサラリーマンの方とあまり変わらない8時過ぎから仕事に入り、終わるのは大抵23時をまわります、遅い時は日付けが変わる日もあります。
18〜17時頃、普通の方々が仕事終わりに友達とゆっくり夕飯を食べるなんてことは、僕らにはまずありません。
だから週に一度の休みや1カ月に一度くらい休める夜は、本当に貴重で大切な時間です。だから食事を予定したら必ず、前持ってお店に予約を入れます。
当然、旅行でもホテルでも、新幹線のチケットも、行きたいレストランも必ず1カ月前には予約を入れ、行きたい観光地の定休日もすべて確認します。
それは『せっかく』『わざわざ』行く大切な時間を過ごす場所だからです。
だからお店に行って『満席』でした『貸切り』でした『定休日』でした…
なんて、有り得ない話しなのです。
ましてや、それから他のお店を探したり(多分悲惨なお店かファミレスでしょう…)移動したりとダブルで時間を無駄にしていたら、それは、ただの間抜けですから…
(これは僕個人の意見です)

ゴールデンウィーク休みがきちんとある方でも、同じように、予定をきちんとたて、無駄のない計画をする方もたくさんいらっしゃると思います。
ヒロッシーニでも90%近いお客様は必ずご予約を入れてくださります。たとえ当日の朝でも、ダメ元でご予約のお電話をくださる方もいらっしゃいます。

それでも、日によっては せっかくお電話をくださっても、お席をご用意できないこともあり、本当に申し訳ないと思っています。問い合わせをいただけただけでも僕らスタッフは本当に嬉しいのです。

今日のブログの本題に入ります

さすがに「今年のゴールデンウィークのピークは3日」と言われてるだけあって、昨日はランチ、ディナーともに1週間前から満席になっていました、数日前からはキャンセル待ちの予約や当日の電話、予約なくお店に直接来られた方で食事ができずお帰りになったお客様はディナーも含め50人近くいたかと思います。
24席の狭いお店です、忙しいお客様や食事を終えたら直ぐに帰られるお客様の席をお待ちの方にご案内しても限りはあります。それでも昨日は5組の方をご案内できました。
そんな中、13時過ぎにみえた4人のお子様連れの家族…
スタッフが外に出て対応
「今日はまだまだお待ちいただいているお客様も何件かいまして、お時間の忙しいお客様で直ぐにお立ちになるお客様のお席は、お待ちの方にご案内したところです。それでも空いたらでいいから待ちますと言うお客様も、まだ何組もいますので、今日はもう営業時間内にご案内することは厳しいので、大変すみませんが他のお客様にはお帰りをお願いしています」と丁寧にご説明をいたしました。
すると、その家族のお父さんが「あー!オレたちに帰れってこと、客に向かって帰れだってよ!この店は…怒」と.

「小さなお店のため、どうしてもお席に限界がありまして、今日はお客様だけでなく、既に20人近いお客様にもお帰りいただいてる状況でして、本当に申し訳ありません…」と平謝り…
すると
「せっかく遠くから来てやったのに、馬鹿にしてんかこの店は、せっかく来てやったんだぞ…」と吐き捨て帰っていきました…

こう見えて、基本ブログは感情を抑えて書いていますが、たまには、本音で書きます

正直、お店から10分くらいの方でも予約の電話はしてほしいです
お席が空いていれば、できるだけ良いお席をと思いますし、満席でも本当に申し訳ありませんとお詫びもできます。

逆にわざわざ、電話もなくそのまま来店され満席だった場合
お詫びはしますが、それ以上に移動する時間やガソリン代も考えると、正直思い立った時に電話一本してくれれば入店できた時もありますし、わざわざ来なくても最初から他のお店に行くことだってできたはずなのです。そうすれば誰も嫌な気分にならないで済むのです。

上記に書いたような問題発言の男は(遠方からのお客様は)このゴールデンウィーク中本当に多くて困っています
他にも「わざわざ遠くから来てるんだから、それなら別の店を教え
ろ」などなど

この携帯の時代、問い合わせや予約の電話くらいできるだろ!
この携帯の時代、お店の電話番号がわからないならGoogleで調べられるだろう!
行楽シーズン真っ只中の信州のレストランがヒマなわけないだろう!
「わざわざ」「せっかく」とか怒鳴る前に予約すればいいだけの話しだろう
それ以上に計画性のないあなた達が、『わざわざ』なんて考えて、レストランに来るようなタイプではないだろう!

いつも以上に忙しい中、お客様の料理とサービスに配慮しながら集中して営業している中、計画性のない自称わざわざな人間たちに「せっかく来てやった」「わざわざ来てやった」と吐き捨てられても、ヒロッシーニは「せっかく来てもらったのに…」なんて1ミリも思っていません。
むしろ「2度と来るな」が本音です。
そういう人間と話している時間も無駄ですし、そういう会話は一日中不快になります。心辺りのある方は、ヒロッシーニに来ない方がいいと思います。

本当に遠方から「せっかく」と思ってくださるお客様は、必ず事前にご予約してくださいます。
この違いを多分、前者は一生わからないでしょう。

また、ヒロッシーニは回転寿司やファミレス、焼肉食べ放題のお店ではありません。一日中休むことなく営業してませんし、入り口にタッチパネルで名前を書いたりするようなお店でもありません。
そんなお店気分でいる方も、どうぞご遠慮ください。少なくともウチはレストランです。ご予約という文化のないお客様はご遠慮ください。

また、ゴールデンウィークになるとご予約のお客様が来ない「バックれ)が相変わらず増えます。
一時間以上遅れてきて、席がなくなっているからって僕らに怒鳴られても、正直不快でしす、僕らの時間の無駄です。その時間を店内のお客様と有意義な時間に使いたいのです
「ご予約の際に遅れる場合は必ずご連絡をお願いします。ご連絡がなく30分以上過ぎますとキャンセルと判断させていただき、他のお客様をご案内します」ときちんと説明して納得してもらった以上、あなたに問題があるのですから、静かにお帰りください。
来ないで連絡もつかない方は、もっともっと問題ですが…

最後によく、満席で入店できず、何度もこちらから「ぜひご来店の際は予約のお願いをします」とお願いしているランチのお客さんへ
相変わらず満席で入れなかった時に「入れないのこれで3回目だからね…怒」っと言って怒って帰られますが、問題はウチにはありません…
何度も入れないのに、問い合わせや予約をしてこないあなたが問題なだけですから

お願いです
僕らは本当にお客様は大切に思っています
が『来てやってる』と思って来ている方は来ていただかなくて結構です。心あたりのある方はご遠慮ください
−シェフ−

ちなみに、ブログには書いたことはありませんが、非常識なお客様には、僕は塩をまくことがありますので、ご注意ください。

前の記事